読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぐ太のブログ

Your sugar. Yes, please.

ニュース作成③ 題号を作成する①枠をつくろう(Illustratorと友だちになろう)

今回は、ニュースの題号をつくります。このニュースの名前を示す場所ですね。

その前に、私の解説は基本的にイラストレーターの使い方ですので、レイアウトのノウハウやセオリーについては、あかつき印刷のホームページの解説がわかりやすいのでURLを紹介します。私自身、基礎をすっとばして必要なことだけやる人なので、基礎が身についていませんし、編集の専門用語もまったくわかりません。何年やってるんだという話なので、私も勉強しなおしたいと思います。

↓ ↓ ↓

あかつき印刷株式会社|編集サポート

http://www.aik.co.jp/02support/01index.html

 

それでは題号を作成します

f:id:anrisiei:20151221124725j:plain

このニュースでいうと、上の画像のピンクの枠の線で囲んだ部分が題号の部分になります。厳密に言うと「オキナワ一郎だより」の部分が題号かもしれませんが、ここではタイトル部分全部を差すことにします。

 

横の長方形でセパレートしたものをつくります

まず、横の長方形をガイドにそって置いてみます。黒い色でつくってみます。

前回、長方形を作成した要領でつくってください。

f:id:anrisiei:20151221125723p:plain

そして、この長方形のサイズを記録します。

 

f:id:anrisiei:20151221130304p:plain

上の画像のように長方形を選択してから右上にある[変形]をクリックしてダイアログを開きます。

Wが横の長さ Hが縦の長さです。

ここでは、横(W)はガイドにそってつくった長さなので、キリの悪い数字ですが、そのままにします。226.999㎜ですね。

縦は、キリよく50㎜にしたいと思います。ここで入力すれば長方形のサイズのほうに反映されてサイズが変わります。

サイズの数字を記録したら、長方形は削除してください。

 

長方形グリッドツールを活用します

f:id:anrisiei:20151221133128p:plain

上の画像の直線ツールのアイコンを右クリックし、メニューを開き、[長方形グリッドツール]をクリックします。

その後にカーソルを用紙(アートボード)上に持って行き、クリックします。

するとダイアログ(操作画面)が開きます。

 

f:id:anrisiei:20151221133518p:plain

[長方形グリッドツールオプション]が開きました。

[サイズ]のところで、先ほど長方形を使って調べた数字を入力します。

幅に226.999㎜ですね。Illustratorのほうで切り上げて227㎜にされました。見た目に影響が出るほどの問題はないでしょう。

高さに50㎜を入力します。

 

[水平方向の分割]のところは、横の線を引いて分割する部分ですから、ここは入力しません。

[水平方向の分割]は「オキナワ一郎だより」の部分と日付や号数、住所などを書いた部分に、縦の線を使って2分割したいので、線数のところに「1」と入力します。これで縦の線が1本引かれます。

[分布]というところに右方向にスライドさせるか入力して300という値にします。

これは、縦の分割線が右か左のどちらかのどのぐらいの場所に配置されるかということです。言ってることわかりますかね?なんか伝えられている気がしません。

以上を入力して[OK]をクリックすると分割線の入った長方形が作成されます。

以下の画像の通りです。

f:id:anrisiei:20151221135520p:plain

で、長方形が作成されたわけですが、長方形が青い線と四角のポイントで囲まれた線で表示されています。

画面左上の色を示すアイコンのほうでも左の[塗り]のアイコンも、右の[線]のアイコンも透明な状態を表す斜線が引かれた状態になっています。

この状態では選択を解除すると長方形が見えなくなってしまいます。

ちなみにどうやって選択を解除するかというと用紙(アートボード)の何もない部分をクリックすると解除されます。まず長方形が選択されている状態は下の画像の通りです。

f:id:anrisiei:20151221141309j:plain

何も配置していない場所を上の画像のようにクリックしてみます。

f:id:anrisiei:20151221142248p:plain

上の画像のように選択が解除され、[塗り]も[線]も透明に設定されているために、見えなくなりました。

 

f:id:anrisiei:20151221153143p:plain

見えないですが、そこに長方形はあります。枠も塗りも透明になっているだけです。そこでカーソルを長方形のあるあたりに移動させると、枠線にカーソルが重なったときに青い枠線で長方形の形が表示されます。重なった部分から移動させるとまた見えなくなります。

 

f:id:anrisiei:20151221153407p:plain

カーソルを枠線に重ねて枠線が青く表示されたら、左クリックで長方形を選択します。

そして線を黒にします。

 

f:id:anrisiei:20151222161421j:plain

カーソルを枠線に重ね左クリックでホールドして、ドラッグして長方形を移動させます。上方向に引っ張りあげてガイドに重ねて題号のあるべき場所に配置します。

 

f:id:anrisiei:20151226155700p:plain

 これで題号を配置する枠ができました。

やり方は一つではありませんが、最初は色々な方法を覚えるより一つの方法を確実にこなせるようになったほうがいいと思います。もっと簡単な方法もありましたが、長方形グリッドツールも使えるようになると先々便利なのでこの方法を選択しました。

 

けっこう、ブログでわかるように解説するとなると実際の画面を再現して画像にしてアップロードするという一連の作業や、どう解説するかと悩む時間などでなかなかささっとできないものですね。実際の作業は数10秒でできるようなものなんですけど。

 

思ったよりも時間がかかりそうですけど、来年にかけてコツコツとやり遂げたいと思うので、どうぞおつきあいください。

 

次回は、題号を書いていきます。