読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぐ太のブログ

Your sugar. Yes, please.

ええ明日マラソン?

気づけば明日はNAHAマラソンだった

f:id:anrisiei:20161203125002j:plain

どうしましょう

明日までには走れる体重にはなっている前提

つまりダイエット前提で申し込んだNAHAマラソン

 

 

一応10㌔ほどは減らしたんですよ

 

でもね、ぜんぜんまだまだ重すぎるし

(ここに体重書くと、「自殺行為だ、やめろ!」と言われそうなので体重の公開は控えます)

ぜんぜん走り込みも足りないんです。

 

走り始めたの2ヶ月前。というか走ってないし

f:id:anrisiei:20161203125812p:plain

 

これが今のタイムです。とんでもなく遅いです。もちろんハーフの制限時間にも間に合いませんし、折り返し地点にたどり着けるのかどうかもわかりません。

ただ、懸念材料を一つ減らして置こうとおもって二ヶ月前からしはじめたのが、3時間ウォーキング。それから少しずつ走りも入れ始めて、100歩走って、100歩歩くということで往復で18㌔とか歩いてました。この間、心肺機能の強化にはなってなかったと思うけど、長時間歩くことによっての足の痛みにはなれることができました。最初は2,3㌔歩くだけで足も腰も悲鳴をあげてましたし、すぐに水ぶくれになって、激痛を伴っていました。

 

水ぶくれも治り、すっかり強い足になったので、痛み対策だけはできたと思います。

数日前からは新都心の公園で5㌔を止まらずに走ることもはじめました。

 

明日は15㌔をマイゴールにして完走をめざす。

明日は、なるたけゆっくり走って、歩いてを繰り返し、最低でも15㌔ほどは移動したいと思います。

折り返し地点のリタイアバスに乗りたいんですが、身体さえ辛くなければ歩いてたどりつけるといいなあ。リタイアバスの運行がよくわかんないんですが、大会のマップには折り返し地点とその先の2ヶ所にリタイアバスの表示があります。そこでしか乗れないのか、それとも車両の規制時間がすぎるくらいの遅いランナーは後ろから乗せていってくれるのか、まあ走ってみないとわかりませんね。

 

気持ちはもうおきなわマラソン

なにはともあれ、膝への負担が怖くて、走るという行為さえできなかった私が、5㌔を止まらずに(歩いてるぐらい遅いけど)走れるようになったことは快挙だと思います。実はアホなことにおきなわマラソンまで申し込んであります。これから月間100㌔きっちりと走り込んでそれなりに体重絞って、完走とは言わないまでも明日のNAHAマラソンよりは結果を出したいと思います。

 

なんで走るか

なんで急に走りたくなったかというと、血糖値が高いという結果が2ヶ月前の検診で出たからです。「痩せなければ失明!」という恐怖に押されて頑張ってます。こんなデブのどんくさい男がマラソン走るとかどんな羞恥プレイかと身悶えする恥ずかしさですが、そこはもう命をかけて(マラソンではなく糖尿のほうね)がんばりたいと思います。

 

8月には富士山

あと、バカなのに日本一高いとこにのぼってないのはバカがすたる!

というわけでとりあえず日本一の富士山にのぼってみたいという夢を実現するために富士登山に挑戦しようと思っています。とりあえず一人でプリンスルートを行ってみようと思ってます。なので、「フルマラソン走れる体力あれば富士も大丈夫じゃない?」という安易な考えのもとにトレーニングを継続していきたいと思ってます。そしてNAHAマラソンも毎年出ようと思ってます。人生一回ぐらい腹筋割ってみたし、痩せれたら維持していきたいから月間100㌔のトレーニングは続けたい。(まだ100㌔走ったことないけど)

 

はー、憂鬱だ。明日本当に走るのかしら私?

今日、県立武道館でゼッケンとTシャツを受け取ってきました。番号を間違えてしまい、一番後ろのKブロックにならぶ2万9千台の番号のブースに受け取りにいくべきなのに、桁を一つまちがって2000番台のブースに並んでしまい、ボランティアの高校生に「あんた、その腹でこんな早い番号のわけないよね?」みたいな訝しげな顔で見られてしまい、「これ2万台なので反対に行ってください」と言われてしまった。無茶苦茶はずかしくて、情けなかった。数年後にはもう少し前のブロックから走れる記録だせるといいな。まあ、混雑に巻き込まれたくないのでもっと前のブロックであったとしても最後のブロックに並ぼうと思ってたのでよかったです。時間ギリギリゆっくりに行っても大丈夫そう。

 

大会Tシャツが思いの外、かわいくてカッコイイので嬉しかった。

 

ほんとに走るの?え?

たぶん私より遅い人なんていないよね?

はぁぁ憂鬱だ。