読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぐ太のブログ

Your sugar. Yes, please.

富士登山の計画(行程編)

今年は富士へ登りたい。付き合ってくれそうな人いないから1人で。

f:id:anrisiei:20161205173235j:plain

※この記事の行程案を改案しました。2017年12月25日の記事へ

8月の17日以降の数日間の日程で富士登山を考えてみようと思っています。みんな言うことだと思うけど

 

「やっぱり一生に一度は富士山登りたい!」

 

 

なんで8月17日以降かというとお盆の混雑と土日の混雑を避けたいから。となると17日、18日の日程で登りたい。

 

プリンスルートというルートを通ってみようと思う

ブラタモリタモリさんが通った宝永火口を通るコースが通りたい!

理由は

  • 吉田ルートや富士宮ルートは人が多すぎそう。ご来光を見るために新宿駅並に混むという。富士山に登ってまで人混みに巻き込まれるとか嫌すぎる。
  • なら、人が一番少ない御殿場ルートか。と考えたけど、標高の低いところからのスタートなので歩く距離が長い。まあ、その頃までに体重が落とせていて、健脚になっていたら問題ないかもしれないけど。
  • 富士宮ルートは標高が一番高いところからのスタート。6合目から宝永山を横切り、御殿場ルートに出る。まあ、これも横切ってる分距離は長くなってる気はするけど、宝永山と火口を見れるのはいいよね。
  • 帰りは御殿場ルートの大砂走りで帰ってこれる。

以上が、プリンスルートがいいかなと思っている理由。

 

有力な行程は、東京か神奈川で前泊。

いろいろ調べて考えてみたのだけど、沖縄から飛行機に乗って行くと当日に富士山を登り始めるのはちょっときついかな。弾丸登山をするつもりはないので山小屋に一泊することを考えると最低でも富士宮五合目を昼頃には出発したい。五合目に着いてからも最低1時間ほどは高度に順応するための待機時間が必要だということなので、なるべく午前中には五合目に行っていたい。

そうすると沖縄から飛行機移動した日は東京か、神奈川で宿泊して、翌日早朝に東海道本線三島駅まで行き、三島駅から出ている(はず)の登山バスで富士宮五合目をめざす。

というのが今の時点での有力なプラン。17日は移動日にして18日に富士に登り、昼までには下山し、東京に向かい、最終便で帰ってくる。もしくはさらに一泊し、翌日帰る。

という方向で良さそう。高速バスなどもあるが、正直電車のほうが気が楽。何本もくるしね。あと、前泊する宿を探す場合に東京から静岡までの各駅で探せる。この幅広さは嬉しい。飛行機のチケットは4ヶ月ぐらい前からチェックしておこうと思う。飛行機のチケットが予約できたら宿も予約しよう。

あと、お盆が終わったシーズンではなく、夏休みを避けた日程も考えたい。そうなると、7月の13日当たりの出発がいいな。9月は気候が寒くなっていくだろうからなるべく避けたい。

あー、ここに書いたらだいぶ頭が整理できた。そのうち、持ち物や着るものの準備編を書きます。