読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぐ太のブログ

Your sugar. Yes, please.

重量子線、県民向けではない病院。本当にうまくいくのだろうか。

西普天間地区

慎重に検討しなければならない

 県議会の8日の代表質問で、前県政で進められていた西普天間住宅地区への重量子線治療施設導入について、下地明和企画部長は「慎重に検討しなければならない」と述べたという。

 

 

 それはそうだろう。その理由として。

集客の6割以上を県外、海外からと見込む中、海外で同様の施設導入が進んでいる情報があるとして採算性などで課題を指摘した。

  ということで、つまりは普通の人は受けられない治療なので、他に競合した施設ができた場合、採算性が合うか分からないというリスクがある。

 

 一部保険適用もあるようになったようだけど、基本的に重量子線治療は先進医療で、治療費用として300万ぐらいかかるそうな。保険適用外だということと技術料のそもそもの高さがある。

 

 まあ、普通に体調が悪くなったからと通える病院ではなく、基本的にはお金のある人向けの病院だということだよね。

 

 同地区には琉球大医学部附属病院が移転予定だけど、2024年度をめどに移設完了すると答弁していた。もうそれでよくない?