読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぐ太のブログ

Your sugar. Yes, please.

判決を受け、国は年明けにも辺野古新基地の埋め立て工事を再開

これからどうなっていくのか

とりあえず埋め立て工事ができるようになる

  • 12日、最高裁憲法違反を問う県の上告については棄却
  • 判例や法令違反を問う上告受理申し立ての一部についてのみ、20日に判決を言い渡す

不作為の違法確認訴訟について翁長知事は「確定判決には従う」と明言しており、最高裁判決後にも埋め立て承認取り消しを「取り消す」見通しで、国が工事を再開する法的根拠が復活する。(2016年12月13日 琉球新報

20日から仲井真知事が行った埋め立て承認が復活し、20日から工事を再開できることになる。

訴訟で争われたのは「埋め立て承認の取り消し」反対することが裁かれたわけではない 

翁長知事は、敗訴した場合でも「あらゆる手法」で新基地建設を阻止する姿勢は変わらないとしている。

県は仲井真弘多前知事による埋め立て承認後に発生した公益違反の事由に基づく「撤回」なども検討しており、米軍普天間飛行場移設問題の行方は不透明な情勢が続く。(2016年12月13日 琉球新報

 知事は何と言っているか

翁長雄志知事は12日夜、最高裁の通知を受けて会見し「辺野古基地は造らせないことを公約に掲げてきた。これからもその信念をしっかり持ちつつ思いを遂げていきたい」と決意を新たにした。政府側が埋め立て工事を強行してくることが予想されることには「承認の取り消しの取り消しで原点に戻っている。原点をしっかり踏まえて岩礁破砕許可など一つ一つ検証していくことになる」と話し、各種知事権限を行使していく姿勢を改めて強調した。(2016年12月13日 琉球新報

 岩礁破砕許可は仲井真弘多前知事が県知事選に破れた後に任期を前にして承認して辞めていったものだ。これにより大浦湾でのたたかいが強いられた。その承認の期限が2016年度末に切れる。今度は翁長知事の承認を得なければならない。こうした権限の一つ一つを行使してたたかっていくということだ。

辺野古代執行訴訟の和解条項9項で県と国は確定判決の「主旨に従い協力し、誠実に対応する」と規定されていることに触れ「岩礁破砕許可申請などが法規上の要件を充足していない場合でも許可しなければならないことを定めたものではない」と述べ、新たな申請など今後の判断は判決には縛られない考えを強調した(2016年12月13日 琉球新報

想定されている辺野古新基地建設に影響を与える知事の権限

  • 岩礁破砕許可
  • サンゴ類の特別採捕許可
  • 設計変更の承認申請の審査
  • 実施設計の事前協議
  • 環境保全策の事前協議
  • 林地開発許可
  • 土壌汚染状況調査
  • 県外からの埋め立て材料搬入の届け出
  • 埋蔵文化財に関する届け出・通知

  このうち岩礁破砕許可、サンゴ類の特別採捕許可、設計変更の承認申請の審査については工事を止めうる影響の大きなもので、その他のものは工期を延ばす可能性があるという。

 

引き続き、辺野古の工事がどうなっていくのか考えていきたい。